全仏オープン テニスでフランス語

全仏オープンでは、審判のコールも全てフランス語で行われます。

 

まずポイントから。「0」は「zero」、一般的には英語で「love」(以降()で紹介)。それ以降も「15」は「quinze」(fifteen)、「30」は「trente」(thirty)、「40」は「quarante」(forty)となりますので、ポイントのコールの仕方も「15-0」は「quinze-zero」(fifteen-love)、「30-15」「trente-quinze」(thirty-fifteen)となります。ここまでは普通ですね。

 

では、同点のとき。「15-15」は英語では「fifteen-all」ですが、フランス語では「15AquinzeA)」となります。これは「15 à 15」の2つ目の15が省略されている形になります。同様に「30-30」は「30AtrenteA)」(thity-all)となりますが、「40-40」はまた異なります。テニスのルールで「40-40」の場合は連続して2ポイント取れば1ゲーム取れることになります。一般的には「deuce」で「2」とか「あと2つ」という意味ですが、フランス語では「égalité」とコールします。フランスの標語にもありますね、「LibertéEgalitéFraternité」(自由・平等・博愛)。

 

最後にゲームカウント。ゲームカウント「1-0」の際、英語では「one-zero」、フランス語では「un jeu à zero」。同様に「2-1」は「deux jeux à un」、「3-2」は「trois jeux à deux」となり、「jeux」と「à」でリエゾンして発音されます。

 

上記はほんの一例ですが、ぜひ全仏オープンで生きたフランス語を学んでみましょう!