ニューカレドニア

皆様こんにちは。

 

さて今日は日本ではあまり知られていない?フランス領ニューカレドニアをちょっとだけ紹介します。

 

 

現在日本からは成田と関空からエア・カレドニア・インターナショナル(エアカラン)という航空会社の直行便が出ており、8時間ぐらいでニューカレドニアのトントゥータ国際空港に到着します。なお日本との時差はニューカレドニアが2時間進んでいるだけなので時差ぼけの心配もほぼありません。

 

トントゥータから一番大きい町(行政所在地)のヌメアまでは車で約1時間です。

 

ニューカレドニアの楽しみ方は色々あります。

本島にあるヌメアに滞在して海やプールで泳いだり、ゴルフに行ったり、カジノで一攫千金を目指したり、美味しいフレンチやシーフードを楽しんだり、色々な事が出来ます。

 

また、ニューカレドニアの魅力は本島近辺に点在する離島にあります。

有名なところではイルデパン島、メトル島(エスカパード島)、ウベア島(天国に一番近い島)、リフー島、マレ島などがあります。

日本人が行きやすいのは最初の3つの島です。

 

これらの島、何がいいかというと島を囲む海がとーってもきれいなのです。

また、各島にあるホテルもバンガロータイプの部屋があり、食事も美味しく、アクティビティも豊富で最高に楽しい時間が過ごせます。ちなみに一番上の写真はウベア島です。

各島の詳細などはまたの機会に紹介させていただきます。

 

最後に、ニューカレドニアの公用語はフランス語ですので、旅行に行かれる前に簡単なフランス語会話を覚えて行くと旅行が非常にスムーズになります。

是非弊社のオンラインレッスンをご活用ください。